お得感のあるLED照明の落とし穴

LEDのしくみと活用法

LED照明を使うメリット

LEDは半導体の一種。
半導体は、電化製品や装置の制御をする役割を担うものであるため、それ自身は大きな電力を必要としません。
そのため、照明としてLED電球を使用した時の消費電力は、白熱電球と比較するとなんと、約1/5。
寿命でみると、白熱電球がおよそ1000~2000時間、電球型の蛍光灯で13000時間、LEDは脅威の4万時間と、他を大きく引き離しているのです。
照明器具の耐用年数を10年と想定した場合、白熱電球であれば半年に1回の交換とすると、20回、電球型傾向とであれば、3回の交換が必要ですが、LED電球の場合は、一度も交換する必要が発生しない、という計算になります。
電球交換の手間はもちろん、新しい電球を購入する必要すらない、ということです。

LED照明にしたときの費用

LED電球は、発売当初から比較すると、価格は下がってきてはいますが、他の電球と比較すると、高めであることは否めません。
白熱電球が300円とすると、電球型蛍光灯は1000円程度、LED電球になるとおよそ2000円程度と、価格差が発生します。
しかし、前述のように、寿命が長いことから、交換する頻度が劇的に下がりますので、10年使用したと想定すると、白熱電球で6000円~、電球型蛍光灯で3000円~、LEDの場合は、買い替えの必要が無いため初回の2000円のみ、となります。
また、消費電力が少ないため、電気代も抑えることが可能で、1年間使用した時の電気代で計算すると、白熱電球の1/7、電球型蛍光灯の3割減程度と想定されます。
電力使用量が抑えられるということは、経費的な面以上に、CO2発生も抑えることができ、環境保護にも役立ちます。


この記事をシェアする