ダイエット

【体験談】ウォーキングによるダイエットの効果はいつからでもないことを語る

ウォーキングって日常生活の基本動作ですから、その延長線上でダイエットできたら気合い入れて準備しなくてもいいから手軽でいいですよね。

で、『実際そのウォーキングダイエットの効果ってどうなんだ?』ってことですが、1ヵ月間毎日2時間みっちり歩いた結果を踏まえて提案します。

「ダイエット目的なら、ウォーキングせずに別のことした方がいいよ」と

なぜなら、身体の変化に着目してみると、体重に変化が見られない上に脚のひざ関節が痛くなったから。

しかしながら、ウォーキングすることでストレスの軽減や頭がスッキリするといった効果が実感できたため、内面を改善するといった目的では効果絶大だと言えます。

 

ウォーキングダイエットを1ヵ月間実施した条件

ウォーキングダイエット実施時の条件は以下です。

*実施条件

・性別: 男性
・年齢: アラフォー
・身長: 約170cm
・体重: 57kg
・時間: 朝1時間、夕方~夜1時間の合計2時間
・季節: 4月
・ウォーキング速度: 1.1m/秒
・その他条件: ウォーキング以外の生活は変えない

私のスペックは、やや痩せ型の一般的なアラフォー男です。

体調がいいと感じるベスト体重は56kgで、健康的な生活を送るとこの体重にいつも落ち着きます。

ですから、1ヵ月後に1kg減量の56kgになれば、ウォーキングの効果があったと判断できるわけです。

 

ウォーキングダイエットの負の効果は1ヵ月の内のいつから?

最初に書いた通り、体重に変化が見られない上に脚のひざ関節が痛くなり中止しました。

ウォーキング中は季節も4月ということもあり、朝は気持ちいい日差しと心地よい風を浴びながらで、夕方から夜にかけては夜桜を楽しみながらのウォーキングとなりました。

ウォーキング距離は約4kmを1時間掛けて歩きました。秒に換算すると1.1m/秒で、一般的にはやや速い歩行速度となります。

歩行開始時はしんどい距離でしたが、3日もすれば慣れる距離でした。この頃はとくに脚が痛いということはありませんでした。

そして、開始1週間が経ち体重を測定しましたが体重に変化なし。ただ、その他の変化点としては、睡眠が改善された感がありました。当時、夜中に1回目が覚めていたのですが、ウォーキングダイエットを始めて3日目からは朝までぐっすりです。

次に、開始2週間です。相変わらず体重に変化なしです。一方内面の方は、睡眠が改善されているのは継続されており、別の効果として何だか食事が美味しく感じられます。とくに調味料を使わずに自然素材のままでもいけちゃう感じです。

最後、4週間目です。最後まで体重に変化なしです。そして、内面の方はというと、寝起きは頭スッキリで、ジュース類を一切飲まなくても大丈夫な状態に。そのような中、3週目過ぎたあたりから2時間みっちり歩くと、脚のひざ関節が痛くたってきたため中止することにしました。

約1ヵ月の実験の結果をまとめると以下です。

・体重に変化は見られなかった
・睡眠が改善された
・頭がスッキリして回転が良くなった
・自然食を受け入れられるようになった
・ストレスが改善された

 

ウォーキングダイエットを1ヵ月やった効果の考察

まず、外見では体重に変化はなく、脚が痛くなるという嬉しくない結果となりました。

しかしながら、注目すべきは内面の効果ではないだろうかと思います。

まず、早朝の日光を浴びながらのウォーキングは、人間の体内時計が25時間であるのを24時間にリセットしてくれて、リアルな24時間との差を埋めてくれるのは有名な話です。

その効果により、睡眠が改善されたのかもしれませんが、ウォーキング自体の適度な運動が睡眠をより深いものにしたのもあると思われます。

そして、頭がスッキリして回転が早くなった件は、こちらも睡眠効果もあるでしょうが、ウォーキングにより血行が良くなり、酸素が脳までしっかり到達したことも要因として考えられます。

最後、ストレスについてですが、こちらもウォーキング中に上手に発散できていたと思います。

普段、風景をゆっくり見ながら生活することが少ない現代。風景に楽しみを見出しながら歩き、自問自答するというメディアからも切り離された一時で、普段心の奥底にしまってあるけど気になることなど自己対話に割り当てたことで、頭と心の整理もできたことにより、ストレスが解消されたのかもしれません。

なお、ウォーキングダイエットの効果について、アフリカの狩猟民族を調査した研究者のハーマン博士の見解を借りると、1日30km歩いている狩猟民族と欧米の典型的な会社員とで消費カロリーは変わらないので、”ダイエット目的でウォーキングしてもほとんど効果なし”という結論になります。

 

ウォーキングダイエットに代わるおすすめの運動を紹介

ダイエット目的のウォーキングがだめなら、逆にジョッギングはどうかと考えたあなたに再度悲しいお知らせをしなければいけないのが心苦しいです。

結論から言うと、ジョッギングも寿命を縮めるだけで期待できません。

 

詳しくはこちらをどうぞ↓
【悲報】ダイエット目的でジョギングするともれなく寿命が短くなる効果

 

『じゃあ、どうすればいいんだ!』って感じだと思いますが、短時間でできる効率的な運動があります。

それは、HIITです。

HIITは、High-intensity interval trainingの略です。世界のアスリートの間では有名な運動方法です。

具体的には、30秒全力で走って90秒休むというものを1セットとし、15分間続けるという運動です。

走る代わりに、縄跳びや筋トレなど各種全力でできる運動と類するものであれば何でもOKという許容の深さです。

 

”HIITでダイエットしたい人” はコチラ↓
ダイエット効率が高い運動と言われているHIITの効果とは?

 

ウォーキングに当てはめるなら、30秒競歩して、90秒歩く感じですね。まぁ、競歩している姿を見られると恥ずかしいので、やらないと思いますが・・・。

HIITを行うメリットととしては、成長ホルモンがたっぷり生成され、体のパフォーマンスを強化し、若返りが期待できます。

なお、運動の強度が高ければ高いほど、成長ホルモンの放出が強まるという研究結果がありますので、是非お試しあれ。

 

以上、ウォーキングによるダイエットの効果はいつからでもないことを語るでした。

-ダイエット

Copyright© stylish life Official Site , 2020 All Rights Reserved.