婚活

【おすすめ】社会人で多い出会いのきっかけとすぐに出会える方法を紹介する

社会人ともなると仕事が忙しく、出会いに割ける時間も少ないはずです。

でも、そのような中でもしっかり出会っている人もいるわけで、いったいどうやって出会っているのか気になりますよね。

というわけで、社会人で多い出会いのきっかけとすぐに出会える方法について紹介します。

 

社会人で多いパターン別出会いのきっかけ

目的が別にあって偶然出会ったパターン

・旅行先での出会い(37歳 女性の場合)
旅行先の宿泊施設で出会い、旅行先を一緒に回る間柄に。一緒に回る内に仲良くなり、交際に発展し、そのままゴールインした。

本当に偶然が重なって結婚に発展した事例です。偶然に期待を寄せると痛い目に会うので、期待せずに行動すると思わぬ出会いが舞い込むかもしれません。

・スポーツクラブ(42歳 男性の場合)
通う時間が同じで顔は何となく知っている程度だったが、トレーニングマシンが偶然横になり、話すタイミングがあった。何度か話している内に仲良くなって、交際をスタート。半年の交際を経て結婚した。

こちらは通う時間が偶然合ったのがよかったかもしれません。しかし、こちらも偶然に頼っている部分が大いにあり、実際問題難しかもしれません。

 

出会いに半分期待して出会ったパターン

・同窓会(35歳 男性の場合)
中学卒業して以来の同窓会で、当時片思いだった女性と意気投合。相手がフリーだと知り、交際を申し込んだところOKの返事。1年交際の後、結婚に至った。

同窓会自体があればいいですが、なかなかそういう機会が少ないですし、みんな各地に散らばっていて簡単に行けないので、あまり期待はできないですね。

・地域の趣味の会(40歳 女性の場合)
趣味の会にて恋愛経験がない男性から相談を受けたことがきっかで、交際をスタート。その後プロポーズされ結婚。

趣味という目的がメインのため、リラックスした状態で交流することができます。さらに、趣味を間に挟んでいるため、会話も尽きないです。

 

出会いが目的で出会ったパターン

・友人の紹介(36歳 女性)
信頼できる友人に頼み込んで、自分に合う人を紹介してもらった。

これは信頼できる友人がまずいるかどうかがキーです。そして、その友人に紹介できる人がいるかどうかがポイントです。

・結婚相談所の紹介(39歳 女性)
大手の実績ある相談所に登録し、今の夫と出会い、結婚することができた。

王道パターンです。ただし、それなりにお金が掛かるのと、現状と対極にある相談所にいきなり足を運ぶという行為は勇気がいるかもしれません。

 

社会人におすすめの出会いのきっかけを作る方法

社会人の出会いについて見てきましたが、すぐにでも出会いたいのが実状と思います。

先程の事例で現実的なのは、”地域のコミュニティに所属して出会いのきっかけを作る方法”と”出会い目的で行動する方法”だと思います。

それらについて、深掘りしてみましょう。

 

異性がいるコミュニティに参加する

ポイント1つ目は、”ある程度好きであるコミュニティを選ぶこと” です。

例えば、ダンス教室ならダンスが上手くなりたい、合唱の教室なら歌が上手くなりたいと参加者は目的をもっているはずですよね。

そのような中で”パートナーを見つけたい”という別の目的で活動すると周りに見抜かれます。

人間はそのような不自然な行動には直観的に違和感を持つ生き物です。そして、何かしらあなたも無理に好きを装って行動すると言動と矛盾を生じる場面が出てくるはずです。

ですから、ある程度好きなコミュニティを選ぶべきです。

ポイント2つ目は、”周りとコミュニケーションがあり、何かしらのイベントがあること” です。

イベントとは発表会や大会です。

当然そこに向けて猛烈な練習が必要で、目的を共有して見事に成し遂げたときにはお互いの距離がグッと縮まること間違いなしです。

例えば、ダンスや合唱、ブラスバンドなどチームで完結するものがありますね。

ポイント3つ目は、”マイナーなコミュニティを選ぶこと” です。

マラソンやゴルフ、テニスなどのコミュニティは人気ですが、メジャー過ぎるゆえに弊害があります。それは、コミュニティ内に人が多いということ。

その何が問題かというと、ライバルとなりうるということです。そして、ライバルにならないにしても、良くも悪くもそのコミュニティ内の人と比較されて、判断されてしまう可能性があります。比較対象の人が良くできた人なら、なおさら辛いかもしれませんね。

ですから、メジャースポーツのコミュニティは避けた方が無難です。

ではおすすめのコミュニティは何かという話ですが、アクティブコミュニティとインドアコミュニティに分けてまとめてみましたので、参考にしてください。

 

アクティブコミュニティ

社交ダンス

社交ダンスは練習の名のもとに身体をくっつけますから、相手のパーソナルスペースに否が応でも入っていけます。パーソナルスペースは手が届く範囲内で、その距離に入られると人は心を許してしまいます。

今や社交ダンスは若者もやっている時代ですから、全世代対応の素敵な習い事に変化しました。

おすすめです。

因みに、私は一時ゴスペル教室に通っていました。

ゴスペル教室はグループレッスンが基本であり、発表会というイベントもありで、嫌でも周りと仲良くなれました。

そして、社会人の人達の巣窟でしたね。パートナーがいない人が、自分磨きと称して習い事に走るのはあながち間違いではないということを身をもって体験した次第です。

 

カメラ

こちらは女性におすすめです。

なぜなら、一人で完結してしまう趣味であるから女性との出会いが少なく、社会人になってしまって、コミュニティにでも入ってみるかという男性がいるからです。

主に自然や風景写真を撮るため、当然相手がおらず単独で動いている男性が多いでしょう。そして、ある程度よいものを揃えようとすると初期費用が掛かることからも敷居を上げています。逆に言うと、ライバルが少ないです。

コミュニティもあるが、規模は小さいでしょう。そこに興味はあるけど、わからないという体で飛び込めば、色々と教えてくれて親密になれるでしょう。機材は、スマホカメラで突入してもいいと思いますよ。

 

トレッキング

こちらも女性におすすめです。

いわゆる山登りも含めた山歩きですね。数年前、山ガールが流行ったことによりメジャー階段を上り始めましたが、まだまだマラソンやテニスに比べて、規模は小さいでしょう。

トレッキング好きの男性は独身の可能性が高いです。なぜなら、自然相手の趣味ですから出会い自体が非常に少ないんですね。いたとしても、男同士でキャンプ目的で行くくらいでしょう。

トレッキング好き男性のいいところは、健康的、サバイバル能力が高い点でしょう。単純に趣味の優先度が高く、女性と出会う機会が少なかったために、独身でいる可能性が高いです。

トレッキングコミュニティには、そういう男性がそろそろ人恋しくなり、コミュニティに降りてきている可能性が高いです。そこを狙いましょう。

 

フィッシング

こちらもまたまた女性におすすめです。

こちらも一人で完結するので、基本単独か、もしくは男友達と動いていることが大半でしょう。日曜早朝からやっている釣り番組を見てもわかると思いますが、男の人ばっかりです。そこに女性がいるだけで盛り上がっている状況です。

特徴としては、通常の海でのフィッシングではおっさんが多い感じで、湖などのルアーフィッシングでは若者が多い感じですね。ですから、狙う年齢層に応じてフィッシングスタイルを選ぶとよいでしょう。

フィッシング好きな人は、過去に釣れた魚の大きさや種類を自慢したがるので、そこら辺を聞いてあげると話も途切れることはないでしょう。あとは、テクニックやエサなど色々な知識が豊富なので、丁寧に教えてくれるはずです。

 

ボランティア

ボランティアは人のために活動するといった目的がはっきりしていますし、何より人のためになるのがいいです。

但し、そこにコミュニケーションが発生するかというと内容次第ですね。

例えば、地域の清掃活動はある意味一人でもできてしまいます。ですから、周りとのコミュニケーションは発生しづらいです。

こちらは、中身をしっかり吟味して参加した方がいいでしょう。

 

インドアコミュニティ

読書会

カフェや会議スペースに集まり、各自が紹介したい本を持ち寄り、その内容に説明したり、意見したりと終始フリートークを楽しむ感じです。

お気に入りの異性がいたならば、彼の紹介する本を次回までに読んできて感想を伝えると仲良くなれるはずです。そして、毎回何かしらの本が紹介されるので話題は尽きることはないですね。

また、全然興味のないジャンルの本も他の参加者から紹介されるため、純粋に見識が広がって会自体も楽しめます。

 

社会人大学院

社会人大学院に来るくらいなので、意識はかなり高い系です。基本、仕事が忙しい人が多いので、恋人を作る暇がなく、独身が意外と多いです。

グループ議論とか宿題を協力してやったりする機会が多いので、非常に親しくなりやすいです。私の周りでも実際に結婚した人がいますよ。

ネックは、費用が掛かるのと大学院自体の勉強が必要なことです。

 

出会い目的で行動するにしても、街コンや婚活パーティーは難しい

手軽に参加できる街コンや婚活パーティーは止めておいた方がいいでしょう。

だいたい参加条件が39歳以下となっているはずです。

街コンや婚活パーティーに参加するのは、20代~せいぜい30代前半なので、社会人が望みをかけて参加してもほとんど期待できないでしょう。

ですから、お金と時間のムダとショックを受けるだけで何も得られるものはないでしょう。

ですから、費用は掛かりますが、同世代を紹介してくれる結婚相談所か、自分に合った相手を選べる婚活サイトがよいでしょう。

 

社会人で本当に出会いを求めるなら出会いのきっかけ作りに全力投球

傷の舐め合いはほどほどに

社会人で出会いたいという割には、出会う気配が全くない趣味の時間に時間を費やしていませんか?

例えば女子会なんかは、時間がもったいないですね。とくに社会人彼氏なしばかりの女子会なんて最たるものです。

女子同士の友情を深めることは大いに結構ですが、今この時に優先させるべき項目なのでしょうか?本当に今自分にとって大切なことを考えて、必要なら今すぐ行動を改めるべきです。

じゃないと貴重な時間だけが過ぎていきます。

 

自分磨きは後からでいい

出会いを目的とした外見磨くためのヨガ教室やフィットネスクラブ通いはいいですが、自分磨きと称した曖昧な目的の行動を行っていませんか?

そして、気付いたらそればかりに時間を割いていたという状況に陥っていませんか?

もしそういう状況ならば、今すぐ行動を改めるべきです。今この時期は出会いを探す時間に重点を置いた方がいいでしょう。

自分を納得させるためだけの自分磨きは後からでもいいんです。出会いは相手があってこそなんです。

 

社会人で出会いがないなら作ればいいけど、リアルで作るきっかけがならネットを利用せよ!

そもそも、あなたが住んでいる場所が都市部から離れており、人自体少ないなら今までの話は全く意味を成さないですよね。

でも大丈夫です。

今は本当に人にやさしい時代になりました。

今このページを見ることができているあなたですから、ネットでパートナーを見つけることなんて余裕です。

スマホでネットが当たり前のようにできる現在、場所に関係なく誰でも恋愛できるチャンスがあるのです。

ネットでの出会いに対して、国の法規制も入ったことで安心、安全にできる時代です。

私の周りもネットを使った人で恋愛、結婚に発展した人は3人中3人です。

数は少ないですが、全員成功です。あなたも後はやるだけです。

やって後悔するより、やらなくて後悔する方が一生尾を引きます。

 

ネット経由で出会う

 

今やネットは当たり前のように見られ、ネット自体がなくてはならない世の中となりました。

ではネットでの出会いについて今の人たちはどう考えているかというと、男性の半分は抵抗がないとのこと。女性においては、4人に1人が抵抗ないとその割合が上昇してきています。

そして、実際に付き合った人の割合は15%程です。今後さらにその値は上昇してくると思われます。(因みに私の周りの若者は、ネット経由で交際している人が20%程度でした。)

また、ネット先進国のアメリカにおいてはどうかというと、なんと結婚した人の3分の1がネット経由での出会いという驚愕の数値が出ています。

そして、ネット経由で婚活する人は高所得層に多いという結果でした。

高所得者層は仕事に忙し過ぎて、プライベート時間がほとんどなく、どこかのコミュニティにも参加する余裕もないとのことなんでしょうかね?アメリカでそうなのですから、日本も同じような傾向なのかもしれません。

では、ネット経由で出会う方法で確実なのは婚活サイトに登録することでしょう。

 

婚活サイトをおすすめする理由

面と向かって話すのは苦手で、まずは自分のタイミングや時間で会話を進めたいという人にはおすすめです。そして、実際に会う前に会う前にある程度合う合わないが判るので、ミスマッチングによる時間の無駄遣いもなくなります。

そして、もう一つ大きいのは婚活がバレないこと。行動すると何かしら人目に付くもので、どうしても婚活バレしたくない人には最適です。

また、婚活サイトに登録している男性のモチベーションは高いので、遊びの人はほとんどいないのが特徴です。

でも本当に登録者が怪しくないか心配ですよね?そこに関しては、婚活サイトが登録者の身元を1件1件確認してくれるので、安心していいでしょう。その分登録料を取られますが、身元保証と自分が動く手間を考えれば全然安いでしょう。

また、自分が希望している人と出会える可能性が高いです。理由は、年齢はもちろん、住んでいる地域、趣味、年収から条件を絞って検索できるからです。あんまり高望みし過ぎると検索0となりますが・・・(笑)

 

 

おすすめの婚活サイト

<ブライダルネット>

「ブライダルネット」は東証一部上場企業「IBJ」が運営しており、こちらも17年以上の運営実績がある老舗です。

年間7,000人以上が結婚を視野に入れた交際を始めており、男女同額の月額1,650円(税込)~  の会費を公平にしているからこそ、結婚に真剣な人が集まっているようです。

またその他の特徴としては、顔がはっきりわかる写真しか、プロフ写真として掲載できないため、実際に会ったらイメージと違った…といったことがないようにしていたり、個別に結婚相談所で経験を積んだスタッフ「婚シェル」が、追加料金なしで婚活や恋愛のアドバイスを行うのが特徴です。

婚活サイトなのに、婚シェルがアドバイスを行っているというのは珍しいですし、自分一人では心配という人には非常にいいサービスですね。

IBJが運営する安心の婚活サイト『ブライダルネット』

 

<エキサイト婚活>
なんといっても、15年以上の実績があることでしょう。そして、NHK、TBS、ananその他女性誌など、メディアに紹介されることも多数なので、安心できるでしょう。

私も10年前に実際使ったことありましたが、身元保証もしっかりされたし、色々な人とコンタクトできたので、安心しつつも非常に楽しかった記憶があります。

累計会員は26.5万人を超えており、 男女ともに真剣な出会いを求めている人が多いと評判です。また、落ち着いた大人の登録が多く、社会的ステータスや平均年収も高めなのが特徴です。

その他のポイントとして、24時間365日体制でサイトパトロールを行い不適切な投稿や誹謗中傷などが起こらないよう専門スタッフがチェックしています。専門スタッフによる24時間365日の監視体制も有るようです。

【公的書類でしっかり本人確認するから安心です】
20歳以上・独身の方限定 ☆★エキサイト婚活★☆

社会人女性が結婚に繋がる出会いを見つけるための方法まとめ

社会人が効率良く出会いを見つけるための手段をいくつか紹介しました。

まとめると、実際に人と会って自分の目で確かめながら婚活を進めていくなら、ある程度興味があり、目的を共有できるライバルが少ないマイナーなコミュニティに所属することで出会いを見つけ、相手の趣味の中身の理解を深めながら、親密になっていくと良いということ。

そして、もう一つはネット経由で自分の感性にあった人をピンポイントで見つけ、自分のタイミングでコミュニケーションを取りながら、お互いの理解を深め、交際に繋げていくということでした。

時間は限られています。今すぐ行動して、出会いを意図的に作ってください。

そこから全てが始まります。

今すぐ行動して人生を変えるか? 何もしないで孤独なまま人生を終えるか?

選択するのはあなたです。

ただ、「しなかった後悔より、やった後悔の方が軽い」と私含めあらゆる人の答えはみな同じです。

以上、社会人で多い出会いのきっかけとすぐに出会える方法を紹介するでした。

-婚活

Copyright© stylish life Official Site , 2020 All Rights Reserved.