身だしなみ

【納得】肌にくすみができる原因と改善方法とは?

「最近、肌のくすみが酷くなってきている気がする・・・」

「何とかしたい!」

 

そんなあたなの悩みを解決します。

 

*本記事の内容

・くすみってどういう状態?
・くすみができる5つの要因
・くすみ対策

 

どうしてもくすみのケアはわかりやすい身体の外側からの対策に行きがちです。

しかし、併せて内側からもケアしないとくすみが悪化し、外側からのケアではカバーしきれなくなります。

ですから、食を改善し内側からケアすることが非常に重要なってきます。

そこで、くすみに効果的な『強抗酸化作用』でくすみ肌を改善しましょう!

肌にくすみができる5つの原因

肌にくすみがあると実年齢より老けて見えてしまったり、疲れてるように見えてしまいます。

そうすると、世代が違うと勘違いされたり、近寄り難くなり、せっかくの出会いのチャンスも大きく減ってしまうかもしれません。正直もったいないですよね。

まずは、いくつかあるくすみの原因をきちんと知ることで間違った対処をしないことが大切です。

では、くすみができる5つの要因を見ていきましょう。

①老化角質層の残り

通常、新陳代謝と共に古くなった老化角質層が剥がれ落ちますが、老化角質層が剥がれ落ちずに肌の表面に蓄積されてしまうことで発生します。

見た目は灰色がかって見えます。

②乾燥

とくに冬場で肌が乾燥しがちになると、肌の潤いを保つために角質が厚くなります。その結果、こちらも灰色がかって見えてしまいます。

保湿クリームを塗る、高温のお風呂に入らないなどして乾燥が起こらないような環境作りが大切です。

③血行が悪い

血行が悪いために、肌が青紫がかって見えてしまうパターンです。

主に冷え症の方が血行が悪いために起こることが多いです。

体を冷やさないように温かい飲み物を飲んだり、適度な運動で体を冷やさないようにすることでくすみが改善します。

④メラニンの残り

紫外線により、メラニンが生成しそれが蓄積することにより発生します。

往々にして、そんな時は肌のターンオーバーが間に合ってません。

紫外線を大量に浴びることで、メラノサイトがメラニンを過剰に分泌します。ターンオーバーが早いと、メラニンを体外に老化角質層と共に排出しますが、間に合わない場合はくすみとして残ってしまいます。

対策としては、日焼け止めクリームや帽子で紫外線対策するのが基本です。

⑤糖化

糖質の過剰摂取による糖化でAGEが発生し、肌の老化を進めてしまうパターンです。その結果、肌が黄色がかって見えてしまうパターンです。

対策としては、糖質を制限することです。ごはんは茶碗一杯で角砂糖17個分です。半分に減らすだけでも効果が高いです。

肌のくすみ改善方法

くすみ対策には、抗酸化作用を利用するのが効果的です。

くすみを防ぐ栄養素としては、「ポリフェノール」が挙げられます。

ポリフェノールは、肌を傷つける化学物質を取り除いたり、肌の炎症を抑える効果があります。

主なポリフェノールとして以下の種類があります。

・アントシアニン
・イソフラボン
・タンニン
・カテキン
・ルチン
・カカオポリフェノール

アントシアニン

赤ワインはアントシアニンが豊富で、フレンチパラドックス*で有名です。

*フレンチパラドックスとは、フランス人がアメリカ人より、飽和脂肪酸の摂取量が多く(4倍のバター量や1.6倍のチーズを消費している)、喫煙率が高いのに心臓疾患が少ないことから、日常的に飲む赤ワインの強い抗酸化作用が働いていると言われています。

また、アントシアニンはブルーベリーにも多く含まれています。

イソフラボン

大豆に多く含まれているため、豆腐や納豆、豆乳からも摂取できます。

タンニン

コーヒー、紅茶に多く含まれています。

カテキン

緑茶に多く含まれています。

ルチン

玉ねぎ、柑橘類、そばに含まれます。

カカオポリフェノール

チョコレートにはなんと、赤ワインの10倍のポリフェノールが含まれています。まさに強抗酸化作用がある栄養素です。中に含まれるカカオの量が重要なので、含有量が70%以上のものを選びましょう。

通常のチョコレートだと、糖質が多いため糖化が進んでAGEを発生させてしまうため、逆にくすみの要因となってしまいます。

また、脂肪が増加する要因となります。

 

以上、肌のくすみを改善!強抗酸化作用で肌のくすみ対策 でした。

-身だしなみ

Copyright© stylish life Official Site , 2020 All Rights Reserved.