身だしなみ

目元のしわをなくすには?目元のしわを改善する5つの方法

「目元のしわが目立ってきたので、何とかしたい!」

 

そんなあたなの悩みを解決します。

 

*本記事の内容

・目元にしわができる7つの要因
・目元のしわを改善する5つの方法

 

目元の皮膚は非常に薄く0.6mmと、他の部位に比べてわずか1/3です。

このことから非常にデリケートなケアが必要であることがわかります。

 

そこで、今回は目元にしわができる要因とその対策について紹介したいと思います。

目元にしわができる7つの要因

炎症

落ちにくいマスカラやアイシャドウをオイルで落とす際に、強い力でこすって皮膚に負担を掛けたり、拭き取りタイプのコットンで肌を摩擦すると、刺激で肌が乾燥したり、炎症が起きたりします。

また、肌に合わない化粧品を使い続けることでも炎症が起きます。

炎症が起こると活性酸素が発生し、細胞や遺伝子を傷つけ老化を引き起こします。

常に肌を傷つける要因となってしまいます。

紫外線

紫外線はUV-A波とUV-B波があり、UV-A波は肌の表皮を突き抜け、コラーゲンやヒアルロン酸で構成される真皮まで到達します。そして、肌の弾力性を決定するコラーゲンを変性、劣化させてしまいます。

なおB波は表皮で吸収され肌をヒリヒリさせる状態を発生させます。

A波、B波共に肌を老化させるので、対策が必要です。

目の疲れ

従来からのPC作業に加え、ここ数年で急激に普及したスマホの影響で現代人は目が休まる暇がほとんどありません。その結果、慢性的に眼精疲労が発生しています。

眼精疲労は目元の血流を悪くし、しわをくすみを作る乾燥を引き起こします。

また、モニタを見続けることから極端にまばたきの回数が減り、目元の筋肉が衰えてしまいます。結果として、しわの要因となるたるみを引き起こしてしまいます。

マッサージ

目の疲れから、目元をマッサージする機会があるかもしれません。その時は注意が必要です。

良かれと思って強くたたいたり、引っ張ったりすると角質層を傷つけ、保湿力を低下させたり、毛細血管を傷つけ、乾燥を招いたりします。

乾燥

先に書いた通り、目元の皮膚は薄いため皮脂腺や汗線がほとんどありません。ですから、潤いを保つことがそもそも難しく、乾燥しやすい部位といえるでしょう。

さらに加齢と共に肌の保水力が低下していくので、より一層乾燥しやすい状況になります。

加齢

加齢とともに血管の弾力性がなくなり、血行が悪くなります。また、筋力が減ることにより、筋肉収縮による血液ポンプの役割も弱くなるため、酸素と栄養が肌の隅々まで行き渡らないため肌の老化が加速されます。

表情の癖

日常生活で目元にしわを発生させるような表情が多い場合、しわの形が定着してしまいます。

例えば、視力が低下しているにも関わらず、眼鏡・コンタクトを使わずに無理やり視点を合わせようと目を細めて頑張ってしまうクセがあると、目元にしわが定着してしまいます。

目元のしわを改善する5つの方法

上記の7つの要因を踏まえて、目元のしわを改善する方法をご紹介します。

特別に難しいことはなく、日常的に簡単にできる方法をピックアップしました。

温める

目元を蒸しタオル等で温めることで血行がよくなります。その結果、充分な酸素と栄養が行き渡り、コラーゲンがつくられる量が増加し、シワを防止できます。

また、毛穴が開くことで保湿化粧品の浸透性も高まるといったメリットもあります。

エイジングケア化粧品を使う

①コラーゲン配合化粧品
40代以降になると、コラーゲンを作り出す能力が著しく低下していきます。その結果、肌の弾力性が失われてシワになります。

そこで活躍するのが、コラーゲン配合化粧品です。コラーゲンを肌の奥の真皮に届けて、弾力性を回復します。

②ピーリング化粧品
表皮の細胞が入れ替わるターンオーバーは20代では約28日置きに行われますが、40代では約40日もかかります。ターンオーバーが遅くなると、古い角質が溜まりやすくなり、くすみやシワの原因となります。

ピーリング化粧品はそのターンオーバーを早めることができます。

③セラミド配合化粧品
セラミドは表皮の角質細胞間に存在する保湿物質です。セラミドは表皮で作られますが、加齢と共に作り出す能力が低下していきます。

セラミド配合化粧品は上記の課題を解決できます。

④抗酸化化粧品
活性酸素を抑えることで肌の老化スピードを遅くできるので、こちらも積極的に使うとよいです。

紫外線対策をする

目元は皮膚が極端に薄いので、紫外線によるダメージに弱いです。

ですから、日焼け止めクリームを塗ったり、サングラスを着用しましょう。最近は室内作業にも適したUVカットを施したクリアサングラスも手頃な値段で買えるのでそちらがおすすめです。

作業の合間に休憩をはさむ

PCやスマホに限らず、何かに集中して物を見続ける必要がある場合は、休憩を挟みましょう。

具体的には、10分に1回遠くを見たり、10秒間目を閉じるだけでも疲労が軽減できます。

なお、目薬をさす場合は、さした後に目を閉じて全体に拡がるようにしましょう。

マッサージ

マッサージも正しく行えば血流アップが期待できます。

マッサージは美容液を肌になじませた上で目頭から目尻にかけて円弧を描きながら軽く触れる程度の力でマッサージしていきます。

 

以上、目元のしわをなくすには?目元のしわを改善する5つの方法 でした。

-身だしなみ

Copyright© stylish life Official Site , 2020 All Rights Reserved.